「未分類」カテゴリーアーカイブ

せどりで稼いだときに確定申告をする必要性

最近ではネット副業としてせどりが有名ですが、稼いだ金額に応じて確定申告をすることが求められます。申告する金額は売上から経費を差し引いたものになり、利益の部分に課税されます。課税される所得金額は増えれば税率も上がり、所得税は5%から45%までと幅広いです。課税対象の所得金額が195万円以下であれば税率は5%になり、4000万円を超えれば45%と7段階に分かれています。また、所得金額と税率を単純にかけ合わせると高額になるため、控除額があり差し引かれる仕組みです。所得税の目安はせどりで稼いだ利益が年間で300万円であれば20万円程度になり、事前に計算してからすると金銭計画を立てやすいです。申告の方法は青色と白色がありますが、好みに合わせて選べます。青色申告は帳簿の付け方が面倒くさいですが、白色申告と比べて大きく税金を減らせることが特徴です。

確定申告は税金を正しく納めるためにすることが求められ、事前に条件や計算方法、期間などを把握する必要があります。期間は基本的に2月中旬頃から3月中旬頃になり、期日が迫ると窓口が混雑しやすくなるべく早めに出せるようにしたいものです。最近では会計ソフトを使えば確定申告をしやすくなり、青色申告が節税効果が高く注目されています。しかし、白色申告は自宅にいながら手軽にでき、利益がそれほど多くない場合にすると便利です。せどりで稼いだ利益はオークションやフリマサイトなどで足跡が残り、そこから税務署側に伝えられています。最近ではマイナンバーとの紐付けも行われ、事前に条件や手続きの流れを把握し余分な金額を請求されないようにすることが大事です。

せどりで稼いだときに確定申告をする必要性は高く、利益の算出方法を確かめて書類を記入して提出することが求められます。確定申告は所得税を算出するために行いますが、売上から経費を差し引いた金額になるためきちんと理解することが重要です。せどりはネット副業の一部ですが、サラリーマンのように勤務先が手続きをするわけでなく自分自身で申告する必要があります。申告は条件があり事前に確認し、漏れないように記録してすぐに手続きができるように準備することが望ましいです。確定申告は青色申告をおすすめする傾向があり、節税効果が高く利益が多ければ効果があります。節税は金銭的に余裕を持てるようになるため、事前に最適な方法を理解して期日までに手続きを済ませたいものです。